最前線★ドレスの通販サイト6選

TOP > ドレスについて > ドレス選びはカラーとデザインが肝心

ドレス選びはカラーとデザインが肝心

 ドレス選びの際は、まず自分に似合う色をみつけなくてはいけません。
色については専用のカラー診断サイトがあるので、そこを参考にしながら自分に似合う物を探してみましょう。
その上で実際に衣装を合わせてみて、自分の肌や髪の色にマッチングするか確認してみるべきです。
ただここで避けなくてはいけないことは、トレンドだからといって流行りの色を追いかけすぎないことです。
その色が自分に似合えば問題ないですが、似合わない物を無理矢理身に付けても決して周囲の人に好印象を与えません。
またその場合は自分自身でもしっくりこないことに気が付いて、何となく着ている間中落ち着かなくなります。
それがパーソナルカラー診断通りの色を選択していけば、肌や髪にもよく馴染んで違和感が出ることもありません。
馴染みの良い色は着る方の魅力をアップさせる効果があるので、そんな意味でもおすすめです。
ただしどんな色が合うかよくわからない方もいるので、その場合は白か黒を選ぶと間違いありません。
このふたつの色は年代や体型を問わずに着ることができるので、購入する際も失敗することがなくてすみます。
色選びで頭を悩ませたくない時は、まずこちらのいずれかの色を選ぶようにしましょう。

 白や黒を選択した場合、シンプルな定番デザインの衣装を選択するのももちろんありです。
シンプルな形なら着る方の容姿やスタイルの良さが引き立つので、そこをアピールポイントにしたい方はできるだけタイトで装飾が少ない物を選びましょう。
逆にあまりシルエットを目立たせたくない方は、ゆとりの大きい物や装飾が付いているデザインを選ぶようにしてみてください。
たとえば大きなレースやリボンなどがついていれば、見る方の視線はそこに自然といくので体型や年齢から出る粗はあまり目立ちません。
加えてモード系のドレープが多い物や変形デザインも、コンプレックス隠しにはおすすめです。
このタイプは基本的に体型が目立ちにくく、かつ女性らしいおしゃれなシルエットが出るので着る方の魅力も引き立ちます。
黒や白という一見地味な色も、デザイン次第でまったく違った印象になります。
ドレスという非日常で着る服だからこそ、普段では着られないような冒険的なデザインを選んでみるべきです。

 着たいカラーやデザインのドレスが決まったら、自分がそれを着て参加する集まりのドレスコードを確認してみましょう。
パーティーの時間帯や集まりの趣旨によっては、ドレスコードにそぐわない可能性もあるのでそこは気を付けなくてはいけません。
よくある物では結婚式のドレスコードで、花嫁の衣装を引き立たせるために白やそれに近い色の衣装は着てはいけないことになっています。
実はきている本人からしてみれば大丈夫だろうという物でも、周囲からみればアウトな色もあるので購入する時は必ず第三者にジャッジしてもらうようにしましょう。
さらにアニマル柄や毛皮も、殺生をイメージするので結婚式にはそぐわないとされる場合がよくあります。
こちらのデザインも結婚式では避けるようにしましょう。
あとは肌の露出が多い服は昼間の宴席には着ていけません。
ドレスを購入する時はこういったポイントも抑えたうえで、着る場所と趣旨に合ったデザインと色を選ぶことが大切です。

    
ページトップへ