最前線★ドレスの通販サイト6選

TOP > ドレスについて > ドレスの選び方やマナーについて

ドレスの選び方やマナーについて

 結婚式や二次会を始めとし、普段とは違った場に参加するとなれば悩むのは服装ではないでしょうか。
ドレスコードがある場合には、それに従うようにする必要があります。
主役なのかゲストなのかという点にも注意しておくようにしましょう。
主役の場合には、最も目立ちゴージャスなドレスにするべきですが、ゲストとして参加する場合など主役が他にいるシーンでは、主役より目立ってしまったりその人と被ってしまうようなドレスはマナー違反となってしまうので気をつけなくてはなりません。
日頃から着用するものではないからこそ、レンタルを利用したり通販で購入できるリーズナブルなドレスを選ぶという方法もありますが、その際にもシーンに合わせたドレスにし、安っぽく見えてしまわないものを選ぶように心がけておかなくてはなりません。

 服装は最初に目がいくところであり、最も目立つのでヘアメイクや小物類以上にマナーには気をつける必要があります。
基本的にフォーマルな場となれば、膝が出ない丈のドレスを選んでおくようにするなど、露出を控えるということも大切になってきます。
十代や二十代前半といった若い世代ならばまだしも、ある程度年齢を重ねた大人の女性が膝を出すようなミニ丈のドレスを着ているのは違和感があり、非常識だという印象を与えてしまうことに繋がるので気をつけなくてはなりません。
しかし、夜の時間帯に行われる結婚式の二次会や華やかなパーティーの場合には、ある程度の露出ならば問題はないとされています。
おめでたいシーンとなれば、全身が黒のコーディネートも適しているとは言えないので、気をつけておきましょう。

 どんなにドレスに気をつけていても、それに合わせる小物類やヘアメイクがマナー違反となってしまっていたり、ドレスとのバランスが合わずトータルコーディネートがバラバラとなってしまうと、ドレスに力を入れた意味がなくなってしまうので気をつけなくてはなりません。
ドレスのカラーに合わせた小物類や、ドレスのデザインに適したものを選んでおくことが大切です。
ドレスは日頃着用する機会はそうあるものではないからこそ、一着持って入れば良いと考えている人もいますが、シーンによって適しているドレスには違いがあり、年齢によって間に合うドレスかどうかには必ず違いが生まれるので、よく比較して自分の年齢に適しているのかや、シーンに適したマナー違反にならないのかはよく考えてから選ぶ必要があります。

    
ページトップへ